サグラダファミリアの素晴らしさ

こんにちは、Flamingoです。

 

アイスランドからスペインにかけて熱波が来ております。

数日前は最高気温36度でした。

かなり暑くて外に長時間居たら熱中症になりそうなぐらい。。

日本もジメッとしていて蒸し暑そうではありますが。

皆さん今年も熱中症には気をつけましょう!!

 

 

さて、今回はバルセロナといえば、と言われるとこの建物の名前が出て来るのが

ほとんではないでしょうか。

未完の世界遺産、「サグラダファミリア

f:id:Flamigo:20190630001832j:plain

 

サグラダ・ファミリアといえば、1882年に建設が始まり二代目の建築家ガウディが生涯をかけて設計・建築に取り組んでいましたが、彼の死後も未だ完成されないまま工事が進められています。寄付による資金のみで建設されている為たびたび工事はストップし「完成までには300年かかる」「一生完成しないのでは?」とも囁かれていましたが、近年になって2026年に完成予定であることが発表されました。

 

建築家、彫刻家など計約200名が働いていますが、その中で最も長期間勤め続け、ガウディの意思を一番に受け継ぐ主任彫刻家が日本人の外尾悦郎氏です。

バルセロナに移ってから約40年間今もなお完成へと工事を進めています。

 

f:id:Flamigo:20190630001856j:plain

 

今までで5回程中に入ったことがあります。

外から見るのと中に入って見るのとでは全然違うなといつも痛感しています。

ぜひ塔にも登ってみてください^^

塔からの写真はこちら。

f:id:Flamigo:20190630002010j:plain

 

高いですよね。笑

当たり前のことながら高所恐怖症や閉所恐怖症の人は遠慮してくださいね笑

塔の上へはエレベーターで登るのですがそれが店員6名ぐらいでとても狭いです。

 

その後少しずつ階段で下に降りていくのですが、外の景色を十分楽しんだ後は

この螺旋階段が待っております。

f:id:Flamigo:20190630002047j:plain

これまた怖い、、、笑

私は高所恐怖症ではないのですが、毎度この階段から下を覗くときドキドキします。笑

少し怖いようなこそばい感じですね。

 

下に降り終わったら、ステンドグラスを最後に見て終わりですね!

f:id:Flamigo:20190630002150j:plain

 

この暖色系のステンドグラスはとてもお気に入りです。

 

f:id:Flamigo:20190630002355j:plain

 

如何でしたでしょうか。

 

ぜひ、お越しの際は中に入ることをお勧めします!

事前予約が必要ですので、早めのご購入をお勧めします。

特に日曜日などはお店がお休みですので、建物などの観光に時間を費やす観光客が多いです。

 

不明点などございましたらいつでもDMお待ちしております。

 

 

 

「百聞は一見に如かず」を思い知ったコンサート

こんにちは、Flamingoです。

 

だんだんとバルセロナも暑くなってきて、いよいよ夏が近づいてきたって感じです

6/23(日)はSant Joanの日でした。

1年で1番陽が長い日です。要は夏至ですね。

毎年バルセロナでは海沿いで(バルセロネータ)

花火が打ち上がります。

そして、みんな爆竹祭りをしています笑

かなり危険ですね。はっきり言って笑

普通に人の足に向かって投げたりしてきます。

結構町中で爆竹やってたりするので、この時期にいらっしゃる方々はお気をつけください

 

flamigo.hateblo.jp

 

 

今日は久しぶりに少しコンサート系の話をしたいと思います。

少し前にXavier Collのコンサートに行ってきました。

実は初めてで、内容はなんとなく知ってはいたのですが

やはり「百聞は一見に如かず」という言葉があるようにまさにその通りだと思います。

このコンサートはSanta Maria del Pi(サンタ・マリア・デル・ピ)という教会の中のチャペルでした。

写真も少し撮ってきましたのでどうぞ。

ということで、チャペル全体の画像をどうぞ。

f:id:Flamigo:20190625021258j:plain

本当にイエス様の下のところで演奏します。

で、実際に演奏しているのがこちら。ドン。

 


Xavier Coll - Asturias

 

写真でお分かりだとは思いますが、彼(Xabier Coll)は4タイプのギターを弾きます。

そして弾く前に年代に沿って歴史やそのギターについての説明をしてくれます。

素人の私からするととてもありがたいお話です。

そしてスペインのフラメンコが始まった時に最初に使われたギターでも演奏してくれます。

そしてすごくすごく興味深かったです。

ちなみに、彼の話す言語はスペイン語と英語ですね。

彼は少しだけ日本語は話せますよ!!

 

彼の個人コンサートはたまにしかありませんので、ぜひウェブでチェックしてくださいね!

 

 

バルセロナビールのMoritz 7が最高に美味い話

こんにちは、Flamingoです。

 

私はビールが特別好きなわけではありませんでしたが、大体いつも飲みに行くと、

一杯目はビールでその後、一緒にいる人に合わせたりしてワインを飲んだりしています。

ですが、最近とってもお気に入りのビールをバルセロナで見つけました!!

 

という事で、今回は私の大好きなビールの「Moritz 7」という種類などについて

お話ししたいと思います。

まず「Moritz」は、スペインビールの会社です。

歴史

ルイス・モリッツにより1856年から醸造所の歴史が始まりました。

フランスのアルザス州出身の彼は1851年にバルセロナへ移り住みバルセロナのラバル地区でビールを作り出しました。瞬く間にバルセロナカタルーニャ地方で大人気のビールとなります。1970年後半にスペインが経済危機に陥り、モリッツもその影響を受けて経営が悪化し、1978年に生産停止となりました。

その後2004年にモリッツ家によって再建され、レトロとスタイリッシュを融合させたモリッツブランドが再構築され、バルセロナ市やカタルーニャの経済発展に貢献するだけでなく、様々なレジャーや文化活動も行なっております。

ピレネー山脈の麓から湧き出る天然水を贅沢に使用したビールはバルセロナ地元民からも親しまれています。

 

レストラン

そんなMoritzはレストランも経営しております。

レストラン名は「Fabrica Moritz」です。

訳すと、「モリッツの工場」って感じですね。

実際隣に醸造所もあります。

goo.gl

 

ずっと行きたくて、先日やっとレストランに行きました。

食べたのはMoritzのビールで煮込んだ七面鳥とパタタスブラーバスです。

前者の料理は最初こうやって届きます。

ジャーーーーン!!!

f:id:Flamigo:20190528194616j:plain

本当に美味しかったですよ。笑

いやー、写真を見直しているとお腹が空いてきました笑

これを最初持ってきて見せてくれた後、ウェイターの人が切ってお皿に乗せて持ってきてくれます。(これはインスタ映えしますからね笑)

で、こんな感じです。

f:id:Flamigo:20190528194636j:plain

 

あと、後者のパタタスブラーバスというのはポテトにブラーバソースというお店によって異なりますが、少しピリ辛のソースが乗っている料理です。

美味しいですよ〜。ビールのおつまみにもってこいです。

 

f:id:Flamigo:20190528194920j:plain

 

そして、そんな感じで美味しいビールと美味しい料理を食べた後は帰り際に

モリッツのショップへ是非お立ち寄りください。

隣にモリッツのグッズショップがあり、こんな感じでTシャツやら小さい車やら

色んなものが売っています。

とても可愛くてそんなに値段も高くないのでお土産にも良いですよね。

f:id:Flamigo:20190528200027j:plain

f:id:Flamigo:20190528200425j:plain

Moritz以外にもEstrellaやたくさんのビール会社がありますし、後は地ビールも多いですね。

そしてスペインではビールとかお酒はとても安くて、ビールなんて一杯が水500mlの

料金と変わらないぐらいですよ(驚き)

本当に最初は驚きました。

安くて美味しいのが一番最高ですよね!

 

では、最後にMoritz 7の写真をどうぞ。

 

f:id:Flamigo:20190528201204j:plain


 

それではまた次回^^

Girona(ジローナ)のフラワーフェステバルに行ってきました!

こんにちは、Flamingoです。

 

今回はバルセロナから小旅行で行けるGirona(ジローナ)で毎年行われている美しい

フラワーフェステバルを紹介したいと思います。

春にもってこいのお祭りですよね!

2019年は5月11日(土)〜19日(日)の期間です。

 

行き方

サンツ駅からAVEという日本でいう新幹線に乗って行きました。

AVEというのはスペインの国鉄(Renfe)が運行する高速鉄道の名称です。

なんとAVEは所要時間は38分です。

Renfeで行くと1時間20分ぐらいかかりますね。

時間によって料金が多少変動しますので事前購入をお勧めします。

チケットは下記Renfe公式ページから購入しました。

http://www.renfe.com

※もちろん窓口でも購入可能です。

 

ジローナに到着後、オススメはフラワーフェステバルのイベント冊子をもらうこと。

出口に向かっている途中に「i」と書いたInformacionの机の上にたくさん置いてあります。

その冊子には地図や説明など色んなことが書いてありますので是非。

ただ、一つ問題点は言語がカタルーニャ語しかないということです。

英語、日本語はもちろんスペイン語もありませんでした。笑

ジローナは独立に対して一番想いが強い地域だと言われているので、

仕方ないかなとは思いましたが、そこで「あ、なるほど」と思いますよね。笑

 

ジローナ駅からフラワーフェステバルが行こなわれている辺りに行くのは徒歩で行きました。(駅から徒歩15分程です。)

基本ほとんど中心地にあります。

その周辺に着いてからは自由にブラブラと好きなように見て回りました。

 

では、写真をどうぞ。

f:id:Flamigo:20190515234429j:plain

↑教会の前などがこのようにデコレーションされております。

 

f:id:Flamigo:20190515234513j:plain

↑ダリをモチーフにして作られています。(ここはレストランです)

 

f:id:Flamigo:20190515234628j:plain

教会の正面や、中などに花を使って創作された作品がたくさん置かれていました。

 

もっと写真はあるのですが、キリがなくなってしまうのでここら辺で。

 

ジローナは今回初めて行きましたが、かなり気に入りました。

自然もたくさんあり、意外と見る所も多く、落ち着いていて空気も綺麗ですし。

そして、ジローナにチュチョ(XUIXO)というカスタードクリームが中に入ったドーナツが有名です。

初めて食べてみましたがとても美味しかったです!

パン屋さんとかで買えますよ♪

f:id:Flamigo:20190515235451j:plain

砂糖が結構周りについているのが少しダイエット中の私にとって最初気になりましたが、食べ始めると気にならない。笑

いや〜これは危険は食べ物ですね笑

 

そんな感じで8時間程ジローナに滞在して帰りました。

移動時間が短いのでそこまで疲労はなかったですし、丁度良い感じでした。

バルセロナからの小旅行でオススメの場所の一つになりましたね〜

自然がたくさんあるのはすごく癒されますよね。

 

 

では、また次回!

 

 

 

 

 

 

サン・ジョルディの日は本とバラを贈り合う素敵な日。

こんにちは、Flamingoです。

 

バルセロナでこの時期にとあるイベントがあります。

それは・・・

4月23日のサン・ジョルディの日です。

この日は男性から女性にバラを、女性から男性には本を贈りあって、

愛を伝え合う日です。素敵ですね。

日本でいうバレンタインデーのようなものです。

スペイン・カタルーニャ地方のサン・ジョルディ伝説を元にした伝統的な祝祭日です。

f:id:Flamigo:20190425233227j:plain

 

 

✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎

【サン・ジョルディの伝説とバラ】
 昔、カタルーニャと呼ばれる国がありました。その国には、恐ろしいドラゴンがいて、そのドラゴンの怒りを鎮めるために住民たちは毎日1人ずつ生け贄を捧げていました。ある日、王様の娘が生け贄になる順番が回ってきました。大勢の人が王様の娘の身代わりになることを申し出ましたが、王様はその申し出を受け入れず可愛い娘を生け贄に差し出しました。
 お姫様が生け贄になるちょうどその時、白馬に乗った若い騎士が現れ、驚く娘に「あなたを救いに来ました。ドラゴンを退治して平和を取り戻すために」と言い、彼はドラゴンを一突きで仕留め、見事お姫様を救い出しました。その騎士こそが、サン・ジョルディだったのです。
 彼が槍で突き刺したドラゴンの心臓からは血が溢れ出し、そこには見たこともないほど美しいバラが咲き乱れたと言います。その中で最も美しいバラを永遠の愛のシンボルとしてサン・ジョルディはお姫様に贈りました。
 それ以来カタルーニャの人々は、毎年4月23日をサン・ジョルディの日とし、愛する人にバラの花を贈って祝うようになったのです。サン・ジョルディはサン・ジョルジュやセント・ジョージなどと各国によって発音を変え、ヨーロッパ各地で守護聖人となっています。

✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎

 

なので、昨日はランブラス通りやグラシア通りはバラと本に溢れていました。

建物やお店の前なども少しバラでデコレーションしていたりするので散歩するだけでもこの日は素敵な気持ちになります。

やっぱりお花をもらうと嬉しいですよね^^

皆さんもこの時期にバルセロナへ訪れた際は是非バラや本をプレゼントしてくださいね!

.

.

.

さて、今回は今まであったコンサートではなくて、今年の9月~11月頃にかけてある新しいコンサートの告知が出たのでその紹介をします。

f:id:Flamigo:20190425233320j:plain

 

彼の名前はヤマンドゥ・コスタ(Yamandu Costa)

ブラジルのリオ・グランデ・ド・スール生まれの天才で7弦ギタリストです。

7歳からギターを習い始め、着実に実力をつけていき、2001年にはブラジルの楽器奏者の登竜門であるPremio Visaで優勝を果たしました。

そして今その実力を世界に示し始めています。

NHK JAPANでも取り上げられております。


NHK JAPAN presents - Sound of Brazil - Yamandu Costa

 

コンサートはカタルーニャ音楽堂の中で行われます。

公式HPでチケット購入可能ですので、チェックしてみてくださいね!

**********************

公式HP⇨https://www.maestrosdelaguitarra.com/ja/

**********************

 

4月21日(日)はイースターで、この前後の期間をスペイン語圏ではセマナサンタと言います。

こんにちは、Flamingoです。

 

バルセロナの4月~5月中旬ぐらいまでは春から夏への季節の変わり目で雨が多い時期になります。天候がコロコロ変わりやすい時期とも言えますね。なので折り畳み傘を持ち歩いていても良いかもしれないです。

スペイン人は少しの雨であれば傘をささない人が多いです。360日のうち60日しか雨が降らないと言われているような天候ですので、そうなるのかな。笑

 

f:id:Flamigo:20190418034223j:plain

 

もう少しでイースター(復活祭)ですね!

今年は4月21日(日)です。

スペイン語圏ではSemana santa(セマナサンタ)といいます。

(今年は4月18日(木)〜4月22日(月)までの期間)

このイースターとは、キリスト教において最も重要な祭りで、キリストがエルサレムに入り、十字架に架けられて死んだイエス・キリストが三日月に復活したことを記念・記録する祭りです。

基本的には仕事も学校もお休みですのでお店がやっていないことも多いのでお気をつけて!!

キリスト教では「たまご」は生命のシンボルで、復活祭というだけあって、イースターではその生命のシンボルであるたまごをきれいにペイントしたりします。

あとうさぎの形をしたチョコなども売っていたりします。

私は特にキリスト教信者ではありませんが、こういうイベント事に対してはやはり興味はあって、せっかくだから何か買ってみようかなという気持ちになります。笑

 

 

さてさて、今回はペドロ・ハビエル・ゴンザレス(Pedro Javier Gonzales)についてご紹介したいと思います。

※下記に動画も貼り付けております。

彼は過去にパコ・デ・ルシアと一緒にコラボして演奏したこともある実績を持っています。

サンタ・マリア・デル・ピでコンサートも度々ありますが、毎回平均以上の人が来場しているという話を聞きました!!

ゴールデンウィークで前乗りしてバルセロナに居たり、これから行こうとしている方はぜひ!!!

 

f:id:Flamigo:20190418035321j:plain

 

【下記コンサート説明文です】

✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎

この10年来最も評価の高いフラメンコギタリストです。

伝統的なフラメンコとモダンなスパニッシュ・ギターを組み合わせたコンサートで有名なアーティスト。

パコ・デ・ルシア、サビカス、ニーニョ・ミゲル、マヌエル・デ・ファリャなどのレジェンドのレパートリーを演奏します。

✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎

 


Pedro Javier González - Pueblo Blanco (en el Palau de la Música Catalana)

 

素晴らしいギターリストですので、ギター好きの方はより必見ですね。

良いフラメンコギターが聴きたいという方は是非是非足を運んでみるべきだと思います。

 

公式HPhttps://www.maestrosdelaguitarra.com/ja/

 

 それではまた次回!

 

 

 

マエストロス・デ・ラ・ギターラのコンサートチケット購入方法の説明

こんにちは、Flamingoです。

 

以前数名の方からこのフラメンコショーのチケットの購入方法がわからないと質問を受けましたので、そのチケット購入方法を今回は紹介したいと思います。

 

 

flamigo.hateblo.jp

 

 

まず、購入方法は3パターンあります。

1,公式HPオンラインでの購入
2,カタルーニャ音楽堂のチケット売り場で購入
3,サンタ・マリア・デル・ピでの購入

 

一番のおすすめは3番ですが、とりあえず上から順番に説明していきます。

 

1,公式HPオンラインでの購入

f:id:Flamigo:20190329014049j:plain

上記のような画面がトップページになります。

 

公式HP https://www.maestrosdelaguitarra.com/ja/

上記のページは日本語版の公式ページです。

もし、英語表記や多言語表記になった場合、右上のメニューボタンクリック→一番下の国旗マーク右側矢印をクリック→日本の国旗をクリック

そうすると、日本語表記に切り替わります。

 

その後、トップページから下に下がると次のコンサートの予定が出てきます。

カタルーニャ音楽堂とサンタ・マリア・デル・ピの2ヶ所でコンサートは行われています。

 

2,カタルーニャ音楽堂のチケット売り場で購入

これはそのままで、カタルーニャ音楽堂の所にチケット売り場があります。

チケットは2ヶ所でそれぞれ対応しているチケットが異なります。

メインの入り口の所では館内見学ツアーのみ、そこから反対側にある所ではコンサート関係のチケットになります。

 

3,サンタ・マリア・デル・ピでの購入

f:id:Flamigo:20190329014625j:plain

ランブラス通りの近くにサンタ・マリア・デル・ピ教会があります。

(住所:Plaça del Pi,7,08002 Barcelona)

チュロス通りとも呼ばれている道の近くですね。

その教会の前でもチケットを販売しております。

という理由は、その教会の中でコンサートを行っているからです。

たまにプロモーションとかも行ったりしているので実はここが一番お得かもしれないですね…笑

その上、そこで購入可能な席は良い席を抜粋して売っているのでオススメです。

看板が立っていてその付近にチケット売りの人がいます。

声をかけると購入手続きしてくれますよ!

 

 

flamigo.hateblo.jp

 

バルセロナに来られた際は是非!